Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moai(モアイ)
Mo 未来 ai 生きる
未来を生きる

moai.jpg

モアイの乳を触る私。

moai1_20110907201323.jpg

今年の夏の思い出。

------------------
サンメッセ日南
〒887-0101
宮崎県日南市大字宮浦2650
0987-29-1900
09:30~17:00
スポンサーサイト

Selama siang!
社員旅行でバリに行ってきました~。

DSCF8199.jpg

毎回バリ腹な私ですが、そんなことは関係ないくらいバリは開放的でオリエンタル。

DSCF8344.jpg

社員旅行とは言え、毎回共に強行突破で旅行を楽しむ友人と二人で、
今回はヌサ・ドゥアのビーチで仕事中のバリニーズのお友達に付いて回り、現地人化した私達。

DSCF8488.jpg

中でも楽しかったのが、酸素ボンベを背負わないダイビング。
酸素ボンベを背負った友達のマスクを私が借り、私のからだが浮かんでしまわないように
してもらいながら、海の世界へ身を任せるだけ。

DSCF8200.jpg

夜のビーチでは、天の川の下、ご飯食べたりアコギを弾いて歌ったり。
波打ち際で足を海に浸し、波の音を聞きながら星空を見上げてみたり。

DSCF8389.jpg

早朝のビーチYOGAや、エステ、お買い物に観光、同期みんなで朝まで語り合い…。

DSCF8441.jpg

楽しい旅となりました。

DSCF8214.jpg

ちなみにこの知る人ぞ知る(らしい)バリの柔軟剤、molto。

DSCF8523.jpg

写真はアロエベラ&アボガド。
ダウニーが苦手な私ですが、これはなかなか良かったです。

DSCF8485.jpg

また行きたいなぁ。

行ってきました、沖縄~♪ 

DSCF8069.jpg

半袖で羽織るものは不要。
本~当に過ごし易い気候で、
朝・昼・夜・海辺・山中・北部・中部・南部…
どこに居ても心地良い。
そよ風がまた心地良くて、幸せ倍増☆

沖縄は3回目。
やっとちょっとメジャー所から外れた所にも目が行くようになってきました。
(でもやっぱり王道の琉球グラス作っちゃったけど♪)

ごはん処で素敵だったのが「百年古家 アグーと沖縄料理 大家(うふやー)」

DSCF7970.jpg

写真やHPじゃ全然わからないのだけれど、建物の中も外の敷地もとてもとても広くて。
食事をする場所もとても素敵でした。

沖縄の古民家を改装したお食事処で、建物の中なのだけれど、半分外みたいな作りなんです。
席も水辺のすぐ隣で、水の流れる音とマイナスイオンを感じながらのお食事。
建物の周りにも、離れのような場所が沢山あって、昼でも夜でも楽しめちゃう素敵な場所でした。

そして、やんばるの大自然を感じに、比地大滝のトレッキングに行きました。
歩いて歩いて40分。
やっと会えた大滝さんのところにいた、この子。

DSCF8004.jpg

本当に近づいても全然逃げないんです。
でもある一定の距離より近づこうとすると、こっちに向かってピピピピピピ何かを言うんです。
野生なハズだけど、小鳥まで「なんくるないさ~」って感じなのかしら。
凄く可愛かったです。

あとこちら。

DSCF8073.jpg

沖縄県立博物館・美術館
沖縄の作家さんの作品を主に展示してました。
建物がカッコいい。

DSCF8074.jpg

あとあと、お友達に教えてもらった「Transit Cafe」

f0159297_05166.jpg

サンセットも綺麗で心地良くて素敵でした。

DSCF8014.jpg

今回は離島には行かなかったけど、まだまだ行き足りていないところが沢山。
心も体もゆるゆるな旅になりました♪






お花見のハシゴしました~。

浜離宮は一分咲き

200903291700000_20090330011941.jpg

六義園は満開でした

sakura1_20090330014905.jpgsakura2.jpgsakura3_20090330014917.jpg
(公園へ行こう!より

そして、こちらは浜離宮でいただいた抹茶セット

200903291637000.jpg

あと、浜離宮の菜の花畑

200903291541000.jpg

まだまだ寒いけれど、大好きな桜の季節の始まりです♪

六義園のしだれ桜のライトアップは3/31まで、
浜離宮のライトアップは4/1~4/5ですよ。


寒い さむい サムイ
立春を過ぎて一瞬暖かくなったけど、また寒くなっちゃいましたね。
気分だけでも暖かく…。

去年の6月に、サムイ島に行ってきました。

ヨガリトリート。
朝と夜は必ずヨガ。
そして後は遊びまくる!
写真を幾つか。

samui.jpg

サムイは空港が凄く可愛い。
南国ならでは。

world.jpg

これは離島に行く船の上。
ドイツ人を始め、北欧の人が多いらしく、アジアにして、こんな異国情緒。

soto.jpg

きゃー!!まさにリゾート地!!!

butta.jpg

仏陀の顔も穏やか…というかなんというか(笑)

kujira.jpg

夕方みつけたクジラの形の雲。
みえますか?


旅行と言うと、結構パタパタと色んな所に行ってしまう私ですが、
サムイでは、ヨガやって海入ってエステして観光して美味しいご飯食べて…
小さな島に5日間居たからかな。
ゆっくりのんびり、幸せなヒトトキを過ごしました。

また皆で海外にヨガリトリート行きたいなぁ。

minna.jpg



始まりましたねー、さっぽろ雪祭り

「結婚式→旭山動物園→網走流氷→雪祭り→締めはらーめん」
去年の札幌プラン。

幼なじみが嫁いで千葉から札幌へ。

kinu.jpg

可愛い。
折角だからって雪祭りに被るように挙げてくれたみたい。
式のちょっと前から喧嘩(?)していて、当日仲直り。
そういう意味で号泣しちゃったけど、ちょっと悪い事しちゃったかな。

mohumohu.jpg

みてみて!このモフモフ。
触りたい…。
旭山動物園の動物達も寒さで一番元気な時みたい。

moon.jpg

で、一緒に来ていたお友達と別れ、流氷を見に網走へ。
サンセット流氷。
三日月がとても綺麗。

行きは朝一の電車で現地に着いて帰りは夜行列車。

夜中までは温泉に入ったり、海鮮食べたり網走を満喫。

でも…、車内が大変でした。

夜行列車=寝台列車

じゃないんです!!

ただの特急のシート。
で、朝まで。
しかもひとつの車両には私含めて三人。

男・男・私。

車内は真っ暗。

ちょっとー、怖過ぎ。

座席二つのシートに横になって、女ってバレない様にコートで頭まで隠して寝る。

シートが暑い…。

でも顔出せない…。

ちょっと腰痛いかも…。

防寒バッチリだった為汗だく(笑)

風邪引きたくなかったから途中で脱いだんだけどそれでも暑い。

いつもはお尻が暖かくて幸せな座席も、さすがにこれは暑い…。

なんとか朝を迎え、気を取り直し、雪祭り散策後ひとりラーメン横町へ。

札幌が地元の社長おすすめ「おぢぢ」へ

「おじさん、味噌らーめん、ひとつね。」

men.jpg

女ひとり、らーめんをすする(笑)

楽しみにしていたクリオネには会えたものの、なぜかひっくり返り気味(苦笑)

と、波乱万丈で思い出に残る楽しい旅となりました。


嫁いだお友達の所にもいつか遊びに行きたいな。

ユニコーンが再結成しましたねー!
とても嬉しいです。

それはさておき、沖縄に行ってきました。

幸せ~

1_20090106002345.jpg

石垣島のネコ

6_20090106002422.jpg

西表島のマングローブに映った空

5_20090106002415.jpg

竹富島ー

3_20090106002401.jpg

由布島の水牛


不景気だけど、ここはあまり関係なさそうだ。。。

また行きたいなー。



箒木蓬生の本を読んで、一度行ってみたいと思っていた知覧。

2008人吉2

人吉3

ここは武家屋敷。

空、雲、緑、花、虫…、すべてがビビッドでちょっと沖縄っぽい。
田舎の匂い、心地良い風、青い空、白い雲、蝉の声さえ心地良い。

何度も深呼吸。

のんびりしている猫をみていると、より、時間がゆっくり流れる。

でもここは、特攻隊で有名な場所。
「知覧特攻平和会館」へ行って来ました。

武者返しで有名な熊本城。
今年400周年。

人吉6


かっこいい。

城マニアって、お城のどこに惹かれるのだろう。

私はマニアじゃないけど結構好き。
でも、高校で日本史専攻だったくせに、歴史とかは良くわかってない(笑)
わかればもっと楽しいんだろうな。
先生は「歴史はロマンだ!!」ってなんて言ってたし、
同期の友達は「歴史なんてワイドショーみたいなもんですよ」って言ってた(笑)

私の場合、お城に行くとタイムスリップした気分になる。
その時代の侍になった気分。
その時代背景、その城の主が自分の好きな大名だと尚更。
臨場感が湧く。
普段の生活を想像してみたり、戦の時を想像してみたり。
なぜか自分は男なんだけど。

熊本城は400周年に向けて、大改造を終え、とても綺麗になっていました。
歴史を知るにはとても良かったけど、
個人的にはすぐ隣にある重要文化財の「宇土櫓」もおすすめ。
昔のまま残っていて、特に展示物も何も無く、
私が入った時は誰もいなくて、本当に住んでいる気分になりました。

取っ掛かりはちょっと低レベルだけど。
日本史をもう一度、勉強し直してみようかな。

横からです。

Parisからの帰路。
偶然の奇跡。

ロシアの上空、摂氏65度の世界。
数時間に及ぶ光のカーテン。
そして、満天の星空と流れ星、そして、新月に限りなく近い三日月。

全部、真横に見えるんです。

地平線ならぬ、水平線ならぬ、雲平線???(←雲との境目は何と言うのでしょうね?)

パイロットさんは、いつもこんな光景を目にしてるのかしら。
当たり前過ぎて、航内放送とかしないのかな。
それとも、座席によって不公平だから言わないのかな。
いやいや・・・。

やっぱりオーロラは死ぬまでに一度見たかったので、最高でした。
でも夢が叶う瞬間ってちょっと寂しくなったりもする。(なーんちって)

横からみるオーロラってこんな感じ(image)
e020131.jpg
大阪市立科学館より


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 5hanCAFE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。