上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、目黒にある東京都庭園美術館で開催される
「香水瓶の世界」展のレセプションに行ってきました♪


title_20100918102040.gif

topheader.jpg

hiduke.gif



始めの挨拶をされた、フランス大使館のご年配の女性。
真っ赤なワンピースがさすがフランスの女性。凄く素敵でした。

香水の歴史は古く、B.C.3000年の古代エジプトでだとか。
当時は、香りが宗教儀式やミイラに使用されていたようです。
それから、西アジアやギリシア、イスラム社会へと移り、ヨーロッパに渡ったのは1000年。
瓶に関しては18世紀になってからだとか。
当時は、革に香りをつけて楽しんでいたようです。

この庭園美術館に展示されている香水瓶の数は総計約350点。
セーヴル、マイセン、チェルシーの磁器、バカラ、ラリックのガラス、ディオールなどの服飾系もたくさん。

販売されている本をいただきました。

DSCF9987.jpg

こういう瓶とか可愛いなぁ~。

DSCF9988.jpg

ロゴとかも文字だけで可愛い。

DSCF9992.jpg

ポスターも。

DSCF9995.jpg

こういう瓶って今まであまり何も感じなかったけど、今は見かけないようなデザインで素敵。

DSCF9997.jpg

こういうのも見かけないですよね。
リバイバルしないのかな。

DSCF9996.jpg

栞もキュート!

DSCF9993.jpg

色々なポスターの切り貼り。
色が良い。

DSCF9998.jpg

やっぱ可愛いものは見ているだけで幸せになりますね~。

香りってて、その人を感覚的に思い出すものの象徴的なものだったりもする。
好きな人の匂いとか。

香りを操るのってとても難しいけど、こういう瓶をみちゃうとたくさん香水が欲しくなっちゃう。

庭園美術館もアールデコの洋館で、とても素敵です。
特に女性にはお勧めの展示会ですので、是非足を運んでみてください♪

関連イベントも目白押し。

ドレスコードは「バラの装い」バラの模様の洋服やアクセサリーを身につけてこられた方は
割引対象になるそうですよー。


きらめく装いの美「香水瓶の世界」
◆開催期間 2010年9月18日(土)-11月28日(日)
◆場所  東京都庭園美術館  http://www.teien-art-museum.ne.jp/index.html
◆開館時間 10:00 - 18:00(入館は17:30まで)
◆休館日  毎月第2・第4水曜日(祝祭日の場合は開館し、翌日休館)


おまけ



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 5hanCAFE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。